隙間ワークのすすめ

お小遣いが欲しい、他の仕事の合間にちょっと稼ぎたいという人は多いのではないでしょうか。
私はこれを隙間ワークと呼んでいます。

基本的にウエブ上でクライアントが「こういう仕事をしてください」と募集し、それに対して応募するものです。

この記事では隙間ワークについて簡単に説明しようと思います。
どんなものをやれば良いのか、最初はわからない人も多いのではないでしょうか。
この記事はそんな方に向けたものです。

せっかくやるなら自分のスキルに繋がるもの

まず、最初から隙間ワークで多く稼ぐことはできません。
もちろん、やる内容によって変化はします。

CrowdWorksなどの隙間ワーク、在宅ワークを募集しているサイトは近年増えています。
ですが、始めてすぐに時給で1000円を超えるのは非常に難しいです。
おそらく最低賃金すらきついと思います。

ならば、最初から稼ごうと思わず、スキルアップをしながらちょっとずつ稼げるようになればいいのです。

具体的にはプログラミング、Webデザインなどは、最初は最低限の知識やセンスしかなくても、簡単で単価の安いものから始めてスキルを積めばよいのです。
スキル向上とともに、単価の高いものに繋がっていきます。

いきなり挫折しないように、スキルを上げて時給を上げる感覚でいくのが良いと思います。
中には、メインの仕事にそのスキルを反映できることもあります。
そうすれば、本職の給料も上がり、隙間ワークの賃金も上がり二重に美味しいわけです。

スキルがない人は何から始める?

記事執筆系のお仕事をお勧めします。
文章を書くということは思った以上に難しいものです。
私も本職で執筆を任されることが多く、そのスキル向上のために執筆系の隙間ワークに積極的に応募しています。
最初はできが悪くても、依頼主が添削やアドバイスをくれることも多く、スキル向上もしやすいです。

実際、最近では理屈っぽくて読みにくいと言われていた書類が、わかりやすくなったと本職でもお褒めをいただきました。

名刺のタイピングなどの仕事もありますが、これらはスキルアップの恩恵は少ないです。
執筆などの頭を使う仕事はスキルアップに繋げやすいです。
よって、隙間ワークは執筆系をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました